2019年版!花粉症 対策 ②耳鼻科でレーザー治療

お得な情報

花粉症 対策 第二弾!!

2019年は今まで花粉症になったことのない人まで、「とうとうきたか」 ということになっているという噂。

それぐらい、花粉さんが飛んでいるのですね。

花粉を吸着するビルとかできたら、特許申請で儲かりそうな予感。

壁材会社の方、よろしくお願いします。

もう、家庭内療法ではおっつかない現状まで達している場合、医療の力を借りるしかないのかもしれません。

耳鼻科でレーザー治療って どんなことするの

耳鼻科で花粉症を軽減させるためのレーザー治療があるってご存知でしょうか?

これは、花粉症が始まる季節の少し前に手を打つのです。

簡単に言うと鼻の内側の粘膜をレーザーで焼いてしまうのです。粘膜に花粉がついておかしくなるわけです。

花粉症体質の粘膜を一度焼き、新たにアレルギーをひきおこさない粘膜を生えさすという原理らしい。

①初診時は問診とカメラで鼻の中の状態を診る。予約は必須

②二回目受診でレーザー治療(1日で終わる)

③まず、治療用エプロンをつける

④鼻の内側に麻酔する→塗るタイプの麻酔

⑤レーザー器具を鼻に挿入。カメラで様子をみながらレーザーで焼く。

先生の力量にもよりますが、痛みはほとんどないとのこと。

個人差はあるけれど、1~2年症状は安定するようです。

レーザー治療っておいくらくらいでできるの

やはり、お値段は重要ですよね。

保険診療は効くのかどうか?そこは病院の強み。初回、問診と鼻の診察をしていますから、保険診療が可能です。

初回で花粉症という病名がついていますので、その治療の一環の手術という扱いになります。

ではおおよそのお値段発表~

おおよそです。

1万円ぽっきり。

病院によっては多少差はあるかと思いますが、そのお値段で1~2年お薬を飲まなくても快適になるのなら

花粉症でお悩みの方々には、かえってお安いのかもしれませんね。

薬で眠くなることもありません。これも重要です。

治療にかかる時間

お仕事で忙しくて時間があまりとれない…。という場合には

レーザー治療にはどれくらいの時間がかかるのか気になるところ。

レーザーで照射している時間は5分~10分。しかし、麻酔や麻酔が効くまで、また治療後のアフターケア

などもろもろを入れると病院滞在時間は1時間くらいになるようです。

レーザー治療って危険ではないの

手術といっても、身体にはほとんど負担もなく日帰りですべてが終了するレーザー治療。

危険はほとんどありません。

これらを踏まえて、今後花粉症に悩まされ続けている方はこの「花粉症治療のためのレーザー治療」を

一度検討してみてはいかがでしょうか。
あわせてこちらの記事もどうぞ!
花粉症には外からと内からのダブルケアをしよう!

清水 真弓

600 views

女の子ふたりのママ。 毎日のホットヨガでリフレッシュ。 料理しながら缶ビールスタイルがお気に入り。 関西から発信しています!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA