在宅ワーク☆業務委託を理解してから始めよう!

在宅

在宅ワークのお仕事検索をしていると、「業務委託」という言葉がお仕事内容に書かれていることがよくありますよね。

今日は「業務委託」の本来の意味と注意点について考えてみましょう。

業務委託

ある業務(仕事)を会社が依頼して委託を受けた人がそれをこなす、ことですね。

そして「報酬」としてお金を受け取るわけです。

「時給」のお仕事はそれが完成していなくても、1時間が過ぎれば、給与が発生します。たとえ、完成せずともです。

それに対して、「業務委託」のお仕事は、委託したものが完成してやっと、報酬をもらえます。

言い換えれば、早く終われば時給換算すると、高時給。ゆっくりですと低時給。というわけです。

業務委託での注意~だまされないために~

クライアント(委託する側)から直接委託業務を受ける場合は要注意です。

クラウドワークスなど仲介業者がいれば、問題ないのですが、直接取引には注意が必要です。

例えば、支払いについての問題です。せっかく納品してもクライアントが求めるものでないと判断されれば

支払いが遂行されない場合も少なからずあるようです。

業務完了の線引きがどうなっているかをはっきりさせてから契約を結ぶ必要がありますね。

クラウドソーシングにおいても、日ごろから支払いについての注意事項を確認する習慣をつけておきたいものです。

時間をかけすぎるとダメ?

在宅ワークをやっていると、興味ない内容のオファーだとついつい眠たくなってきます。少し横になったって、家だし。

なんていう悪魔のささやきに負けてしまうのが人間です。

まずはめんどくさくても、1週間のスケジュールをきちんとたてて、そのとおり、仕事は進めていくとよいですね。

クライアントも完成を待っていますので責任をもって納品できるように。体調管理もまた大切ですね。

 

ここまで、業務委託と雇われの違いを書いてきましたが、業務委託の場合は個人事業主となるので

税金面でもゆるやかです。経費としてかかったぶんは報酬より差し引くことができますので

領収書などは大切に保管しておきましょう。

 

 

清水 真弓

2,323 views

女の子ふたりのママ。 毎日のホットヨガでリフレッシュ。 料理しながら缶ビールスタイルがお気に入り。 関西から発信しています!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA