ライター業は誰にでも出来るお仕事?

Wワーク

ライター業は誰にでも出来るお仕事?

インターネットの爆発的な普及により、自宅で働く在宅ワーカーが増えています。

プログラマーやウェブデザイナーなど専門的な知識やスキルを持っていない方に、

特に人気のある在宅ワークのお仕事として、よく知られているのが「ライター業務」。

ライター業のイメージというと、取材やインタビューを行って、

記事を編集作成する新聞記者や雑誌ライターなどをイメージされる方が多いと思いますが、

クラウドソーシングサイトなどで募集されるライターは、インターネットに配信する記事を書く

「ウェブライター」というカテゴリーに分類されます。

ウェブライターは、新聞記者や雑誌のライターと違って、取材などは行いません。

その代わり、インターネット上やそれ以外のソースから得た情報を元に、記事を編集していきます。

ウェブライターの報酬は、紙媒体のライター業に従事する方に比べて非常に低い単価ですので、

まとまった報酬を稼ぐためには、早く正確に記事を執筆できるスピードも重要となります。

ライター業務ではどんな記事を執筆するの?

クラウドソーシング上で募集されているライター業のジャンルは、

美容・ダイエット・恋愛・芸能などのエンターテイメント関連の記事から、金融・不動産投資・医療など、

専門性の高い分野までと様々。

一つのジャンルだけでなく、多くのジャンルの記事を執筆できるライターが求められています。

特に、専門性の高いジャンルでは、税理士・会計士資格保有者や介護・看護の経験者など、

スキルや経験のあるライターが募集されていますが、それ以外の一般的なコンテンツでは、主婦や学生など、

ライター業未経験の方でも執筆できるコンテンツがたくさんあります。

ライター業務にはいくつかのパターンがあり、

「決められたタイトルとキーワードに沿って、情報を検索し記事を編集するようなケース」と、

「記事のテーマ・構成などを一から自分で作り上げて執筆するパターン」などがあります。

これ以外にライター業務に含まれる作業としては、記事を寄稿するサイトによっては、

画像の選定や見出しの設定、キーワードの設定やリンク設定など、関連業務が含まれる場合もあります。

クライアントによっては、編集チームを組んで、提出された記事を校正するシステムを採用している場合もあり、

内容によって修正依頼が来た場合は、記事を再編集しなければなりません。

ライター業務の流れは、基本的に上記の2パターンで、純粋に記事執筆だけを行える案件の方が、

記事を納品するまでの時間が短時間となり効率的です。

ライター業務の求人

ライター業務は、ネットで「在宅ワーク ライター」などと検索するとかなりの求人が出てきます。

求人により1記事の報酬単価もかなりの差があり、低いものは10円ほどからあり、

高いものは1000円以上のものもあります。いろいろな求人が出てくると思いますが、

私のおすすめは、皆さんがよく知っているような、一般の求人サイト(タウンワークやバイトル、主婦JOBなど)から

調べてでている求人が安全でいいと思います。

インターネット社会の今、ライター業務な欠かせない存在です。

だからこそ怪しい会社が存在しているのも事実です。

ですので会社に勤めてライターをすることも出来ますが、

それが不安な方にはライターのポイントサイトなどを利用するのもいいかもしれませんね。

無料でサイトに登録して、自分の書きたいと思うジャンルをや文字数を選んで、

記事を作成することでポイントがもらえます。そのポイントは現金やギフト券などに替えることができます。

隙間時間を利用したい方にはおすすめですよ。

未経験者もできる!ライター業で稼ごう!

文章を作成するというのは、誰にでも簡単にできそうなイメージがありますが、

実際に取り組んで見ると、500字ほどの文章でも中々難しいということが分かります。

何せ、映像や写真、絵などはなく、文字のみで読者に伝えなければいけません。

文字指定があるものや、必ず入れなければいけない言葉などが出てくる場合もあります。

しかしながら、ライター業務は自分次第で誰にでも始められる在宅ワークです。

今では、パソコンがなくても携帯でライターの仕事ができます。

未経験者でもOKの案件の中には、文字数も少なく、取り組みやすい案件もたくさんありますので、

まずは、自分の興味を持てる分野から、ライター業にチャレンジしてみてください!

mizuho

1,483 views

二児の母/在宅ワーク歴6年 ☆育児も仕事も楽しい生活☆

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA