在宅ワークの私とラインペイ☆スマホ決済アプリの時代

お得な情報

その日は突然やってきた。

なんでも新しいものに飛びつくことなく生きてきた私はその昔、「たまごっち」が一世を風靡したその時でさえ、

世間が飽きたころ、おもちゃ屋に売れ残ったかわいそうな たまごっち を手にいれた。

今、絶対的に世の中に浸透していくであろう スマホ決済アプリ。 私が使うのはまだまだ先のはずだった。

娘(中2)が学校の前にあるとんかつ屋で友達と帰りに食べて帰る約束をしていたのに

お財布を忘れたというのだ。

電車で5駅も離れたところにいくのも現実的ではなく、「あきらめたら」と冷たくあしらった。

すると、「携帯の決済アプリに送金できるらしいよ。やってみて」と明るく言われた。

「お母さんにそんなハイテクなことができると思う?」

それに、そんなローカルな年季の入ったとんかつ屋でスマホ決済アプリを使えるとは思えない。

しかし、娘はくいさがった。

しかたなく、馴染みのあるlineペイで挑戦した。

どうやら、銀行口座番号、暗証番号、支店名 残高 これらさえわかれば、すぐに登録できる。

lineのウォレットというボタンを押せばすぐに登録できた。簡単すぎる!

lineペイにその口座からお金をチャージ。

そして送金ボタンを押せばlineに登録されている人がパーっと出てくる。その中から娘を選択すると

ピーンという音とともに送金完了!こんなに離れた親子の距離はどこへやら。

娘に2000円送金完了。

なんと、とんかつ屋さんでlineペイは使用できたらしい。

いまや、店側もどんなチャンスも逃したくなければ、支払い方法を多種多様にしなければならないのだ。

おじいちゃん、おばあちゃんがやっているとんかつ屋さん、あっぱれ!

PAYPAY(ペイペイ)の100億円還元キャンペーンの記憶も新しい今、

スマホ決済アプリの躍進は、近未来の私たちの生活に確実に入ってきます。

ラインペイではこの平成最後の4月末まで、「平成最後の超Payトク祭」をやっていますよ。

先程の銀行チャージを1000円以上すれば500円還元のキャンペーンも平成最後の日まで!

お見逃しなく。

在宅ワークでお仕事をするひとりとして、少しでもお得なことは知っておいて損はありません。

今までの私のように、食いつきが遅いとキャンペーンが終わってしまいます。そして、損をしたような気分になり

どよーんと落ち込むなんてことのないように、在宅ワーカーのあなた、まずは知ることからはじめましょう。

すると、案外簡単にスマホアプリ決済の先駆者になれるかも。

消費税アップに対抗策を考える在宅ワーカーmayumiがお届けいたしました。

 

清水 真弓

10,074 views

女の子ふたりのママ。 毎日のホットヨガでリフレッシュ。 料理しながら缶ビールスタイルがお気に入り。 関西から発信しています!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/users/2/bizdoctor/web/fukugyoujyosei.work/wp-content/themes/bloom_tcd053/comments.php on line 109

CAPTCHA