在宅ワーク・テレワークで痩せない?!自宅待機中に本気でダイエット習慣

お得な情報

4月16日夜半、全国に緊急事態宣言が拡大されました。

とうとうです。

外出自粛、自宅待機、不要不急となると、ずーっと家にいることに!

もうこれ以上太れないですー。

出勤していたころは通勤の消費カロリーがあったはずです。

それもない今、間食もいつでもできるというこの環境。これは太りの道への

ゴールデンロードです!

自粛の関係でなぜだか食べ物を豊富に買い揃えていた私。

このような方多いのではないでしょうか?

今、なぜ太るのか

①まず、通勤、外出の減少による運動量の低下

②間食できる環境

③家に家族が全員いることのストレス

これが主な太る原因です。

私、すべてに思い当たっています。

ここ数年ホットヨガにも通っていたおかげで、まあまあの筋肉量があるので代謝は良いほうかと思う

のですが、

今回の宣言で、スポーツジム等は休館、休業が余儀なくされるでしょう。

私は3月からヨガには通っていません。うつしてもうつされても良くないし、施設にも会社にも家族にも

迷惑をかけるのですから。でも、日ごろの運動量がストップしてしまうことは本当、つらいですよ。

そこで、私が健康維持のためにも

やり始めたことをご紹介いたします。

免疫力アップにも効果的な運動と食事管理

① 低糖質の食事を日に3回に分けて食べる。

空腹が続きすぎると、脂肪生産量が増えるらしいので、あまり空腹感を感じないように

食事は3回きちんと食べます。

おやつも工藤静香さんのインスタをお手本に作ってみました。

工藤静香さんのお菓子作りはアバウトで計らないでだいたいで作れるのでお勧めです!

その時に重要なのは

小麦粉をつかわないこと。

小麦粉の代わりに、おからパウダー、全粒小麦粉(殻付きを粉砕したもの)、オートミール

ナッツ、カカオ含有率の高いチョコレート等を常備しておいてください。

これらをケーキ風にするにはベーキングパウダー、卵、豆乳等を加えて焼く。

クッキーにする場合はコメ油、卵を加えてクッキーくらいの固さに調節してください。

そして、クッキーの形に成型して、180℃で20分くらい焼きます。

甘味はチョコをチップに砕いて入れるとか、茶色のキビ砂糖などお好みで。

焼きたてとか最高!

工藤静香おそるべしです。

キムタク幸せやね。

そして、しっかり3回にわけて食べてください。

あまり空腹になりすぎると、脂肪に変換して身体にため込もうとする力が働くそうですから。

酸っぱいマリネなんかを食事のはじめに食べると、結構お腹がうっときて、食欲減退します。

これ、結構いいですよ。パプリカ、キュウリ、新玉ねぎなど、オリーブオイルと塩とお酢に

つけこんでおくだけでよい感じのマリネになってますから、常備して食事の最初にまず食べましょう。

おいしくなさそう!と思うほど食欲減退しますから良いわけです。

ヤル気の出る筋トレ

②今は 大好きなヨガスタジオに通えないことからヨガに飢えている私は、まずYouTubeで

お気に入りのヨガ動画を発掘しました。

それを観ながら、ヨガマットを敷いて一日一回20分程度のヨガをやってます。

あと、以前から私が提唱している、「お腹を1分ひっこめる」運動。

これはいつでもどこでもできます。お腹を引っ込めて、その間呼吸はします。1分間。

パソコンうちながらでも、キッチンに立ちながらでもできます。

ジム通って腹筋トレーニングって要は3~4分くらいしかやってないそうなんです。

ですから毎日このお腹引っ込めをするだけで、かなり筋肉量が変わってきます。

お尻のほうにも、おまけに力をいれたら、ヒップも引き締まります。

場所も時間もいらない、最強の筋トレ。

これはぜひ、今回から習慣化してください。

勝手に痩せていくかも?!

おすすめです。

おわりに

今回の緊急事態宣言でかなりの外出は制限されます。どこかに行ってもお店はやってないですし、

今後数ヵ月はかなり制限がかかるでしょう。

でも、自分を自分で律する。楽しむ。こんな時でもなければ自分を試せる機会はありません。

まるで宇宙飛行士の密室で1週間10人で過ごすテストみたいですが、それよりはずっとましです。

窓を開けて、外の空気は吸えますし。

こういう時に出てくる自分をみつめてください。これこそが本来の自分なのかもしれません。

では。

 

 

 

 

 

 

 

清水 真弓

8,263 views

女の子ふたりのママ。 毎日のホットヨガでリフレッシュ。 料理しながら缶ビールスタイルがお気に入り。 関西から発信しています!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA