パラレルワーク

Wワーク

こんにちは、satomiです。

みなさんは「パラレルワーク」という言葉をご存知でしょうか?

最近、ネットでもちょいちょい流れるワードです。「パラレルワーク」

パラレルとは平行・並行・並列の意味です。

パラレルを使った言葉では「パラレルワード」や「パラレルリンク」などあります。

そういえばスキーの滑り方にも「パラレル」ってありますね。
スキー板が雪の面に2本の筋をつけて平行に滑ることをパラレル滑降といいますよね。

パラレルワークとは、同時並行で違う仕事をするという意味の言葉で使われています。

「複数からの報酬を得ている働き方」ということです。本業の他に副業(複数)をしながら報酬を得る働き方のことを言っています。

オーストリア出身の経営学者で現代経営学、マネジメントの発明者と称される。『ピーター・ドラッガー』が働き方の1つであると提唱しています。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら」は10年ほど前に流行りましたね。確かドラマにもなったような・・・

『ひとつのビジネスに依存しない働き方』

 

パラレルワークは基盤となる仕事は生活の為、自分のしたいことや夢に向かっての為にもうひとつの仕事をするといった働き方は今の時代に合っています。

私のような主婦は基盤となる仕事が在宅ワークであり、それは「少しでも早くローンを返したい!」とか「子供の塾代やスクール代を稼ぎたい!」など生活為にしている在宅ワークの本業があり、メ〇カリであったり、手作りの商品をネットで売ったりとして得た報酬で、友人とランチを行ったり(主婦は自分のためにあまりお小遣いをとらない)をする事も在宅ワークの『パラレルワーク』なんだなって思います。

 

近年特に今年になってからは、パラレルワークや在宅ワークの働き方が注目を集めています。副業の番組をすると視聴率もいいそうです。意外と知られていない、本当の意味での「パラレルワーク」についてご紹介します。
副業としてやっていた仕事が本業よりも報酬があったりします。そもそも副業を始めるときは自分の得意分野から見つけることが成功の秘訣なので水を得た魚のようにスイスイと仕事をこなして楽しく報酬を得る方も多くなる事も納得です。本業と副業が逆転することも結構ある事です。

副業を始める場合はまず、自分のスキルと時間を考え、どんな仕事をすればいいのかを考えていくことが初めの一歩ですね。

私のパラレルワーク

私は在宅ワークをしていますので外にでて働くという事をしておりません。
リビングの机(こたつなんですが・・・)が仕事場であってパソコンが私の作業ツールです。パソコン1台で稼ごうと決めました。自分はECサイトの運営や管理、データー作成や調査などが得意だと思ったからです。

クライアント様から依頼されたデーターを集計したり、入力します。
サイトのブログを書いたりしています。時にはECショップの商品登録や価格調査も依頼を受けます。
どれも納期があり、ミスは許されませんし大きなミスをしたら仕事も回してくださいません。
結構、企業に働いていた時よりも神経をつかっているかもしれません。

これからの仕事は生活為にしています。

私のお小遣いを稼ぐのは覆面調査員として働いた報酬(ほとんど食べ物や美容関係)とラウンダーといって店舗さんに出向いてポスターをはったり、商品を陳列したりといった企業さんに成り代わってする仕事です。どうやって仕事を探すのかはこちらをクリックしてもらえれば私がどうやって仕事を見つけたのか?報酬はいくらなのかできるだけ詳しく書いているのでもしよければ参考にしてください。

この2つの仕事とアマゾン価格調査の仕事の依頼を受けていますので合計3つの仕事をやっています。
大変じゃないの?とか思われるかもしれませんがこれって結構時間の縛りが少なく自分の時間に合わせることができる仕事ばかりなので在宅ワークの合間に気分転換的にできる仕事なのです。

覆面調査+ラウンダー+価格調査を合わせて1万円程度の報酬ですが決まった時間に行くことなくタダで美味しい料理を食べられて髪の毛をカットしてもらって近くのスーパーやドラッグストアにポスターなどの陳列をしにいき、空いた時間で商品の価格調査をするので家族との時間もしっかりとできて、自分のお小遣いも稼げるので結構楽しくやっています。

OL時代にはなかったことでフラワーショップ時代でもできなかったことです。

まとめ

パラレルワークはこれからの働き方のひとつになっていきます。

これから在宅ワークを始めようと思っている方は初めての方も多いのではないでしょうか?

在宅ワークは決して難しい事ではなくて、いろんな職種や作業があります。

すでに仕事を持っておられる方は働いている仕事に不満があるわけではないが先行きが不安だったり、今以上の報酬が欲しい為に在宅ワークを見つけようとしておられると思います。

在宅ワークは軽い気持ちで簡単に始められることではありますがやはり報酬を得るというとこは責任をもってしなくてはいけません。

納期を守る、ミスをしないなどどんな仕事にも共通することは当たり前に守っていかなくては信用してもらえません。

私も含めて在宅ワーカーがもっともっと増えて高額な報酬がもらえるようになるまでは時間がかかりそうです。

早く、在宅ワーカーの地位の向上をしなくてはと痛感しています。

 

satomi

2,555 views

15年以上前から在宅ワークに興味を持ち、パートで働きながら在宅ワークを開始する。持病のめまいが頻繫に起こるようになり、就業が困難になりパートも辞めることに。...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/users/2/bizdoctor/web/fukugyoujyosei.work/wp-content/themes/bloom_tcd053/comments.php on line 109

CAPTCHA